2018年1月パーティー

2017年12月15日

 

※2017年12月15日更新

※追加・変更・中止となる場合があります。

※非会員様も参加可能なパーティーもございます。

※詳細はお電話・メールでお問い合わせ下さい。

052-950-3338(加藤)

焦らずゆっくり気持ちを確かめながら進む♡

2017年12月7日

日に日に寒くなり、朝起きるのがつらい季節になりました。

今年も残るところあと3週間余りです。

 

 

お見合いでは不思議と会話が弾んで

また会いたいと思えたから

彼から交際希望のお返事が来て嬉しかった女性。

 

でも、次にお会いする日程を決める際にちょっと意地悪な心が出ちゃったのかな?

私に好意があるならこっちに合わせてくれてもいいでしょ?

なによ。合わせられないの?

私のこと好きじゃないんでしょ?

それならもう嫌い!

 

まだ何も始まっていないのに1人で勝手に完結しようとしてました。

 

嫌い!だったらもう付き合わない!と怒れるということは、

放っておかれたくないという心の表れ。

それだけ相手に好意を持ってしまったからなのかもしれませんね。

 

相手に好意を持ってもらえないかもしれないという不安が

振り向かずに先に船を下りれば悲しくなることもないと・・・

 

素直に「早く会いたいですね」と伝えた方が、

ちゃんとこっちに向いてきてくれる子だなと、

彼の気に止まると思いますよ。

 

お見合いで一度しか会ってないのですから

まだ気持ちはそれほどできてなくても仕方がありません。

 

好きなの?嫌いなの?とはっきりしたくて

焦る気持ちは分かるけど、

そこはゆっくり確かめるように

気持ちを高めるという方法がドキドキして良いのです♡

 

婚活の方法は人それぞれ、

掛かる時間もそれぞれでいいのです。

 

【ブランシェ】加藤

 

 

 

寺婚パーティー♡byオーシャン

2017年12月3日

昨日今日と昼中はお天気に恵まれ、

澄み切った青空に大きなお寺の屋根も映えました。

 

そんな東別院では3週間に1度、

オーシャン(中部仲人交流会)の定例会を行っているのですが、

その中のパーティー委員さんが今回の「寺婚」を主催してくださいました。

仏様が見守ってくれたお蔭でしょうか、

カップリングは11組も。

 

寺婚なのに男性から女性に、女性から男性にプレゼント交換もしたようで、

Xmas気分も楽しんでくれたかなと思います。

 

 

【ブランシェ】加藤

 

 

 

ブランシェ会員男性のデータ

2017年12月1日

今日から12月。

今年も残りひと月となりました。

 

 

男性に求める条件の第1は年収。

 

ブランシェの男性会員さまの年収をデータ化してみました。

平均年収は1200万です。

 

会員数はそれほど多くはありませんが、

収入が多い方はそれなりの年齢の方が多いので

年収を選ぶか年齢を選ぶか。

どちらも叶えることは難しそうです。

 

数少ない30代の年収500万以上の方々は

あっという間にご成婚退会となってしまうので

若い女性は条件に合う男性がいることを確かめてから婚活するより

先に登録だけでもしておき、意中の男性が現れたらすぐに動けるようにしておくべきですね。

 

そんな世の多くの女性が求める条件の男性に選ばれるには

好まれる女性になるしかありません。

これまでどんなに勉強してこようが、

いい会社に努めていようが、

趣味や習い事で充実していようが、

お嫁さんにしたくなる女性でいることの方が大事かもしれません。

 

それともうひとつ大事なのはタイミングです。

大事な一瞬を逃さないように、ぼさーっとしていないことです。

 

どんな事に気を付けたらいいのか

詳しくは無料カウンセリングで。。。

 

【ブランシェ】加藤

 

 

 

またまた男性会員さまがご成婚されました。

2017年11月24日

 

結婚式も行われるレストランでランチをしていると着信がありました。

 

「今日は会社の休みが取れたので、今から成婚の手続きに伺ってもいいですか?」

 

今日は仏滅。

入籍や結婚式じゃなくて成婚退会だから御日柄は気にしなくてもいいか・・・

 

ランチをしたお店でも

前撮りの花嫁花婿さんがいたので

挙式じゃなくて前撮りだから御日柄は気にしないのと一緒ね。

私は花嫁さんが見られてなんとなく縁起がいい気分♪

 

今回もまた40代男性会員さまのご成婚でしたが、お相手女性は30代です。

多々ある連盟システムだけではお取り組みさえできなかったかもしれないご縁を、

これもまた仲人交流会「オーシャン」で繋ぐことができました。

取り組み会での目利きも自社会員についてどれくらい理解しているかも問われます。

そして、同席でお見合いを行うことは仲人がお相手の姿も様子も見ているからこそ

人となりが分かり、自社会員さまへ無理強いではない本当のアドバイスができるのだと思います。

 

 

今回のお二人は交際期間も7か月と少し長くなりましたが、

お相手仲人さんと共に交際中のご様子も確認し合い、

二人の思いを充分に尊重できたのではないかなと思います。

 

 

今日は突然だったので

いつもお渡しするお祝いの品が用意できていなくて写真も撮り忘れてしまいました。

今度また彼女を連れて来て下さるそうですのでその時に写真を撮らせていただこう。

またすぐ会えるけど、一先ず、どうぞお幸せに♡

 

 

ブランシェは11年目を迎え、来年からHPを一新して料金プランも変更する予定です。

無料カウンセリングで平成30年のご入会エントリー受付しております。

成婚退会が続き、私の手が空いています。

今の内にご登録くださいね!

 

【ブランシェ】加藤

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

またまたご縁が結びました♡

2017年11月9日

先日の定休日、着信があったのに気づかず電話に出られませんでした。

ショートメールがきて、

「お休みにすみませんでした。

結婚することになったよっていう報告でした。

サロンには月末・・・・・・まず一報だけ。」とありました。

 

これ ↑ 男性会員様からのご成婚報告なんです。

結婚することになったよ

というかわいいフレーズが私の頭の中をリフレイン・・・

 

あまりの嬉しさに

「きゃー!なんと!めちゃくちゃ嬉しいです!おめでとう!本当におめでとう!」って返しました。

 

連盟の枠を超えた親しい仲人さんとのお取り組みで結ばれたご縁です。

ご成婚報告はまた今度。

 

退会のお手続きに来てくれるのを心待ちにしています♪

 

【ブランシェ】加藤

 

 

結婚できる人と結婚できない人はその選択で決まる。

2017年11月5日

 

この3連休はお天気も良く、お見合いも大盛況でした。

 

さて、今日は結婚できる人or結婚できない人のお話です。

人生はなにもかも選択です。

その中で結婚できる人は

相手に受け入れられる方を選んでいます。

 

どんな人を選ぶか

どんな服を着るか

どんな靴を履くか

どんなところに行くか

どんな会話をするか

 

 

人に任せて結婚はあり得ません。

自分で決めるのです。

 

あなたが一度でも結婚したいと思ったなら

結婚するための行動を選びましょう。

 

結婚したいと言いつつできない行動を選択してしまっている人は、

心の奥底で結婚に恐れや不安があるのかもしれません。

 

そんな人は相談できる人に話してみて下さい。

相談という選択。

 

結婚相談所はそういうところでもあります。

お気軽にご来店くださいね。

 

 

【ブランシェ】加藤

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

残るイベントはクリスマス☆

2017年11月3日

 

昨日はブランシェもメンバーとなっている中部仲人交流会【オーシャン】の定例会でした。

ブランシェには16組のご縁を頂いて帰りました。

これらの中からいくつお見合いに発展しご縁が実るかはわかりませんが、
仲人目線でご縁があると選んだお取り組みばかりですから
きっとXmasを過ごすカップルが出てくることでしょう。

 

ハロウィンが終わり、残るイベントはクリスマス☆

今年は最愛の人と過ごせそうですか?

今からじゃ間に合わないと思う方も
Xmasを二人で過ごせたら最愛なパートナーになれるかもしれません。

そんな思いでこれからの出逢のひとつひとつを大切にしてください。

 

会う前、お話をする前から否定的な考えを持つのは損ですよ。

会ってみたら良かったというのが成婚者さんたちの言葉なんですから。

 

家に閉じこもっていない限り、出会いが無い人なんていません。

話しかけてみたいと思われるような行動をとったりしてみて下さいね。

 

こんなことを言うと、

媚びるのはイヤとか言うんでしょ?

それはあなたが媚びてるようにしかできてないだけです。

 

チカンや変な人が寄ってくると思う方もいるでしょうが、

明るくハキハキ挨拶ができるような元気な女性に痴漢する人はあんまりいないんですってよ。

 

Xmasを一緒に過ごしたら楽しそう!と思われるようなあなたの婚活を応援します。

 

【ブランシェ】加藤

 

 

 

ご成婚退会のお手続きをしました。

2017年10月30日

本日、看護師さんのご成婚手続きをさせていただきました。

 

看護師さんや保育士さんはお嫁さんにしたい男性人気の高い職業なのですが、

適齢期の独身男性との出会いが少ないことでもよく知られていますね。

 

彼女は責任のあるお仕事をされているとてもしっかりした女性(41)。

半年前、そんな彼女にピッタリの男性(40)との運命の出会いが訪れました。

 

仕事は忙しいし夜勤もありなかなか相手が見つからず

もう婚活なんてやめてしまおうと、

最後にするつもりのお見合いだったそうです。

私も彼女の気持ちが伝わってきていましたので、

これが最後になるかな?と覚悟してご紹介したことを覚えています。

 

彼と5月の平日午前中にお見合いをして、

9月にはとっても心に残るプロポーズを受けたそうです。

 

お見合い後はすぐにお互いの誕生日があり、

お互いを少しでも思いやれば素敵な思い出になるという

感動のエピソードをお聞きしました。

それは聞いていて本当に素敵だな♡と思いました。

ここで詳しくお話しできませんが、

もし聞いてみたいと言う方はカウンセリングでご紹介しますね。

 

プロポーズリング

 

自分にも相手にも誤魔化さず、

嘘偽りなく誠実に話をすることは

信頼に値するのだなとつくづく感じました。

 

入籍や挙式はまだまだこれからというお二人。

これからもずっとお互いを思いやり、

いつも感謝をし合うことができる

素敵なご夫婦でいてくださいね。

 

いただいたお菓子です。

 

いつでもサロンに遊びに来て下さい。

お待ちしています。

 

 

【ブランシェ】加藤

一番近くにいる人生の大先輩

2017年10月28日

何かを始める時に不安はつきもの。

いつだって誰だって知らない世界に飛び込む勇気は必要です。

 

結婚という一人前の大人が住む世界って、

経験がないだけに不安で

お金があれば経済的に苦労しないで済むとか、

イケメンや美女ならそれだけで幸せだとか、

ついつい条件を付けてしまうんですよね。

 

いい歳して表面的な条件さえクリアできれば

結婚しても幸せって本気で思っているわけじゃないから

結局のところ不安でやっていける自信も湧かない。

 

向こうから相手にしてもらえるならと及び腰でいるから

ちょっと否定されるとすぐに心が折れ、疲れたと言う。

 

結婚って釣り合いが取れるという条件でさえあれば誰でもできるもの。

昔は仲人さんが両家の家柄を考慮してを縁組したのです。

成婚率ほぼ100%。

だから、自分と相手の釣り合いを間違えなければ。

彼氏彼女もできるんです。

 

それで幸せになれるかは、

相手と共に努力して創り上げていくのですけどね。

 

婚活が難しいと思ってい人ほど、

結婚してやっていけるかの不安は大きくなりがちですが、

相思相愛のカップルにだって結婚の不安はあるのです。

ただ、嬉しい楽しいは間違いなくあるので、

二人で乗り越えられると思えてるだけ。

 

一番近くにいる人生の大先輩であるお父さんお母さんも

子どもから見れば最初から大人だから完璧と思うかもしれないけど、

最初は同じだったんですよ。

 

子どもには不自由を掛けまいと、

たまにはご褒美に美味しい食事や旅行を楽しもうと

夫婦で頑張って築いてきた家庭。

 

当たり前が本当に有り難く、

健康で変わりなく続く日常が一番の幸せなんだと

自信を持って教えてくれる人生の大先輩。

 

中には大切に育てた子供だから苦労をさせたくないと、

自立を妨げる親もいるかもしれません。

 

自分たちの代わりに大切にしてくれる相手じゃないと

結婚を許してくれないという親もいるかもしれません。

 

 

あなたが自分の結婚を考えるようになったのなら

いつまでも子供の立場や目線で居続けるのはやめませんか?

 

 

理想は理想で持ちながら

甘えず、現実をしっかり見ることが出来る大人ならば

必ず結婚できるのです。

 

「婚活」をしていればいいのではなくて、

結婚した先の幸せも考えて。

 

 

【ブランシェ】加藤